エクシオ

婚活パーティー「エクシオ」の特徴

エクシオは日本最大級の婚活パーティー、お見合いパーティーを運営している会社です。婚活の活動をしている人のおよそ3人に1人は、エクシオを利用したことがあり、参加者数は2016年時点で男性は約23万人、女性も約23万人となっています。婚活パーティーの開催地も関東や関西だけでなく、北海道や東北、東海、四国、九州、沖縄と、全国で行われているので、誰しも参加しやすくなっています。そしてカップル成立率も高く、人気となっている婚活パーティーサービスといえます。

 

エクシオには、豊富なパーティーが揃う

エクシオの婚活パーティーは、いろいろな種類があり、自由にどのパーティーに参加するか選択できるようになっています。ここで幾つかご紹介します。

まず男女各15人から20人で行われるレギュラーパーティーは定番のパーティーです。着席して異性と会話することができるので、初めての方でも安心です。

一方、個室パーティーは半個室となっている空間で異性と2人きりで会話をすることができます。そして男性が決まった時間ごとに移動するので、全ての異性と2人きりで会話することができます。

そして、男女各30人から100人ずつ参加できる大人数のパーティーも開催されていますから、多くの異性と出会いたいという人にはピッタリです。

他にも特別企画や変わったパーティーも開催されていますが、地区や会場によっても違いがあるので参加する場合は前もって調べておくようにしてください。また、年代別のパーティーもあるので出会いたい年齢層を絞ることもできます。

 

料金のご紹介

エクシオに参加する際の料金ですが、参加するパーティーそれぞれで変わってきます。予約する際には、金額が男性は何円、女性は何円と事前に書かれているので、内容を確認しながら予約することができます。男性か女性かによっても違ってきますが、およそ2,000円から10,000円ほどの金額設定になっています。

パーティーによっては女性の方が高額である場合もありますが、全体を通してみると女性の方が割安になっています。早めに予約しておくと、オンライン予約特典として割引金額で参加できるので、できるだけ早めに予約することをおすすめします。

 

エクシオ婚活パーティーの流れ

エクシオの婚活パーティーの流れは、まず受付を済ませ、自分の自己紹介となるプロフィールカードを記入していきます。ナンバープレートを渡されるので、そのナンバーを見えやすい位置につけるとパーティーの始まりとなります。

そしてまずは1対1で着席して会話していくトークタイムから始まります。3分ごとに席を移動し、全員に回ったらトークタイム終了となります。そして次にアプローチタイムです。「印象確認カード」が配られるので、その用紙にトークタイムで気になった人の番号に〇をつけていきます。

それが終わればもっと話したいと思った相手を誘い、会話できるフリータイムとなります。そして最終的に、カップルになりたい人に投票していき、最後にカップル発表となりパーティーは終了です。

 

パーティーの注意点

エクシオのパーティーに参加するにはいくつか注意点があります。まず、電話で予約した際は簡単な身元確認をされる場合があります。また折り返しの電話確認がある場合もあるので、電話番号などは偽ったりせずに正しいもので予約するようにしてください。

オンライン予約の場合はパーティー開始の2時間前までに予約する必要がありますし、オンライン枠という数に制限があるので、できるだけ早く予約しておいた方が無難です。そしてパーティーに行く際には、身分証などの本人確認書類が必要となるので、忘れないように持参しましょう。万が一忘れてしまうと参加できないので気をつけてください。

キャンセルは4日前の22時までは無料でできますが、3日前からはキャンセル料が発生します。支払い方法は、当日受付にて現金で支払うことが原則ですが、ホームページからクレジットカードでの決済をすることができます。

ノッツェ(NOZZE)

ノッツェ(NOZZE)の特徴

「ノッツェ(NOZZE)」は全国に21もの支店を置き、年間に6万人以上の交際カップルを誕生させている結婚相談所です。年齢や個々の状況に応じた様々な婚活プランを用意しており、スマートフォンやパソコンからいつでも相手を(条件に応じて)検索する事ができ、相手の写真や動画を見る事ができ、そこから交際を申し込む事もできまず。また、プランによっては、専任の婚活アドバイザーに紹介される形での出会い・お見合いもあります。あなたの状況に応じて交際から成婚までを一括してサポートします。

 

ノッツェの料金プラン

【1】ベーシックコース

料金プランは多種多様です。一番基本的なプランが「ベーシックコース」になります。入会金が32400円(税込)と活動初期費用として51300円、情報提供料として84240円、そして月会費がかかりますが、この月会費は、月に何人の人に交際を申し込むかによって変わってきます。月に2人の方に交際を申し込むのであれば月会費は4860円ですが、毎月5名なら9720円、10名なら13500円という風に会費が異なります。

 

【2】お見合いアシストコース

また一人で探すことに不安がある方は専任の婚活アドバイザーによる紹介が受けられるプランがあります。それが「お見合いアシストコース」です。入会金と活動初期費用はベーシックコースと変わりませんが、月会費が21060円かかり、この中には専任アドバイザーからのお見合い相手の紹介料が含まれています。紹介人数は3~5人です。また自身で検索して申し込める人数は3人までとなっています。

 

【3】20代女性のための限定プラン

若い女性、特に20代の方で結婚に意欲的な方にピッタリのプランもあります。それが「20代女性のための限定プラン」です。入会金はベーシックプランと同じですが、活動初期費用はベーシックプランの約半分で済みます。月会費はわずか3240円とかなりお安くなっており、月に2人の方に交際申し込みができます。情報提供料も51840円と価格を抑えたプランとなっており、若い20代の女性におすすめなプランになっています。

 

【4】その他プラン

様々にある料金プランの中には「他社から乗りかえプラン」というものもあり、これは入会費と初期費用がなんと0円です。婚活にかかる費用は月会費と情報提供料しか掛かりません。他社であまり成果が上がらなかった方はノッツェに乗り換えて婚活する事をおすすめします。

他にもシングルマザーの方の為にお得で初期費用が掛からない「シングルマザー限定プラン」などもあります。

また1人ではなく2人で一緒に登録すると入会金から2万円もの割引がある「ペア割」といったお得な入会方法もありますし、他の人をノッツェに紹介して入会が成立すると商品券2万円分プレゼントといった特典もあります。

 

ノッツェに入会するには?

ノッツェに興味を持たれた方は、まず資料請求をしてください。そうすると、ノッツェの婚活に関する資料や、ノッツェ会員からあなたの希望に合った異性のプロフィールが郵送されてきます。そして入会希望する意志が固まったら、ノッツェの各支店にお越しください。そこで無料見学会に参加して婚活アドバイザーとじっくり話をすることができます。

来店すると婚活中の方々の写真や動画・プロフィールを見ることができます。どんな相手が良いか、容姿や趣味や年収など具体的な事を相談するのも良いでしょう。婚活アドバイザーからあなたに合ったプランの提示がありますのでよく検討して決めてください。

入会の意志が固まったら、入会の手続きに進みます。ただ入会資格というものがあり、その条件を満たしていない方は入会を断られる事もありますので、来店された際に婚活アドバイザーに詳しい説明を受けるか、請求した資料をよく読んでから入会手続きをして下さい。

 

入会してから結婚までの流れ

入会すると「結婚ナビ」を使ってスマートフォンやパソコンなどから24時間いつでも相手を検索することができます。ノッツェの結婚ナビでは写真だけでなく、動画の情報も観ることが可能です。また希望条件・パーソナルスタイル・ライフスタイル・結婚や恋愛観の4項目から相性が良い人を探し出すマッチング機能や日記検索、相性占い検索などの幅広い探し方ができるサービスです。

またノッツェでは、婚活のためのお見合いパーティーも開かれており、10名弱の少人数制のものから、100人以上の会員が参加するものまで幅広くあります。結婚ナビだけでは得られない情報を実際に参加して会話して探す事もできるわけです。この婚活お見合いパーティーでは、婚活アドバイザーのサポートもあり、距離がグッと近づくことができます。

また、婚活のためのセミナーや企業や自治体、自衛隊などとのコラボレーション企画での婚活パーティーも開催されますので、出会いや交際・結婚の機会は沢山ありますし、幅広くあります。

ご成婚カップルのインタビューから得られた情報として、ノッツェでの婚活によって交際からご成婚までの期間で一番多かったのが、4~6ヶ月ということが分かっています。今「結婚したくてしょうがない」という方は、ぜひノッツェに一度ご来店されるか、資料請求してみましょう。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びの特徴

ゼクシィ縁結びは、会員数を急激に増やしている、今伸び盛りのFacebook連動型の婚活サイトです。ただFacebookをやっていない人もメールアドレス登録から利用できて便利です。Facebook・メールアドレスどちらからでも利用できるのが魅力ですね。

ゼクシィ縁結びでは、18の質問から選ばれた価値観の合うお相手を紹介してくれます。条件からも検索できますが、価値観の合う相手を毎日4人無料で紹介してくれるので、その項目からお相手を探すこともできます。性格が合うお相手を見つけられるのです。また、婚活サイトでは珍しい特徴を備えていて、ゼクシィ縁結び専門のコンシェルジュがあなたとお相手との間に入って、デート調整の代行作業をしてくれるサービスもあります。サポート付きでサービス性が素晴らしいのです。

 

登録から利用の流れ

ゼクシィ縁結びは、婚活サイトなので、ネット上でマッチングしてメールをして、出会うという流れで出会うことになります。まずは、条件検索や価値観マッチでお相手を探して、次に気に入った相手に「いいね」をお送り、相手から「いいね」を返されたらマッチングが成立します。ここからお互いにメッセージのやり取りができて、親しくなっていくのです。

条件検索は自由にできますが、価値観マッチは毎日4名ずつあなたの価値観似合う相手が紹介されてきて、それをきっかけにいいねでメッセージのやり取りができるようになっています。

 

安全性

ゼクシィ縁結びで有料会員になる際は、本人確認をする必要があり、運転免許証などの提示を求められます。そのため、利用者一人ひとり、個人情報を登録しないと利用できないため安全性は高いです。また支払いには本人名義のクレジットカードが必要なので、さらに安全性が高まります。もちろん個人情報もしっかりと守ってくれるので、サイト内に実名や住所などの個人情報が掲載されることは全くありません。その上パトロールも強化しており、24時間365日安心して使えるように注意してくれています。変な業者や悪質な利用者も寄り付きにくく、安全面は安心です。

 

利用プラン

ゼクシィ縁結びの利用プランは1ヶ月プラン・3ヶ月プラン・6ヶ月プラン・12ヶ月プランの4プランが用意されています。無料から登録できて利用できるのですが、無料でも利用できるのは初回メッセージ一通までです。そこまでの利用は無料で使えるので、その後は気に入った人がいたら有料会員に切り替えて利用しましょう。

1ヶ月プランは毎月3980円+318円(税)、3ヶ月プランは3600円+288円(税)、6ヶ月プランは3300円+264円(税)、12ヶ月プランは2400円+192円(税)です。1ヶ月プランより3ヶ月プランが、3ヶ月プランより6ヶ月プランが、6ヶ月プランより12ヶ月プランが月ごとの値段が安くなっているので、長く使いたい人はより日数の長いプランを選ぶ方がお得です。

自衛隊との結婚の魅力~婚活後に待っている将来の姿~

自衛隊の男性に魅力を感じ、結婚するならに自衛隊の男性!と思う女性は多いものです。訓練で鍛え上げている体がかっこいいという女性もいますし、周りからの評判を気にして自衛隊がいいという女性もいます。確かに自衛隊の男性と聞けば、男らしくて体力が有り余っている男性は多いですし、自衛隊の男性と付き合った結果両親に反対されるような心配はなさそうです。

 

では、実際に自衛隊の男性と結婚した際、どのようなメリットが考えられるでしょうか?自衛隊の男性に興味津々の女性も、ちょっと最近気になってる、くらいの女性も参考にしてみてください。自分が考えていた以上にメリットが見つかれば、自衛隊の男性にますます憧れが増して出会いにも一生懸命になれるでしょう。

 

鍛えているので、いつまでも若々しい

自衛隊の男性と結婚することのメリットとして大きいのは、鍛え上げているのでいつまでも若々しいということです。妻であるなら、夫が若々しくてかっこいい姿をずっと見ていたいと願うものですよね。

 

もちろん老いは避けて通れませんが、他の職業の男性と比べても若々しさを保てる傾向が強いのはありがたいことです。子供ができたら、子供と一緒に遊ぶのも苦ではないでしょう。子供が「遊んで~」と言っているのに「疲れるから無理…」という残念なパパにはなってほしくないと思うはずです。

 

それに、若々しさを保っているということは、早いうちに病気にかかるような心配も少ないということです。鍛えているということは、健康の証でもあります。若いうちに病気にかかり、縁起でもない話ですが自分よりも先に逝かれてしまうようなことだけは嫌ですよね。病気の心配がないのも妻としては安心できるはずです。

 

休みが多く、家族との時間を多く過ごせる

自衛隊の休日は少し特殊なところがあります。通常は土日休みでカレンダー通りの勤務であることには変わりないのですが、訓練や救援活動などの都合で急遽土日に出勤することも珍しいことではないのです。

 

そのため、土日に出勤した分の振り替えでかなり長い連休を貰うことがしばしばあります。また、ゴールデンウイークも他の職業の男性と比べて休みがたくさんある傾向にあります。もちろん連休中も一度だけ当直勤務が入ったりと、連休全てをしっかり休めるわけではないのですが、まとまった休みが非常に多いのがポイントです。

 

連休が多いのは、もし家族になったときは妻にとっても子供にとっても嬉しいことです。普段は仕事が忙しい分、たくさん交流の時間を取ることができるでしょう。自衛隊の仕事で夫も疲れているでしょうから、家族とゆっくり過ごしたいという気持ちは強いはずです。連休を利用して旅行なども計画しやすいでしょう。

 

両親や周りからの評判がいい

自衛隊と聞けば、周りの評判も良くなることも大きなメリットの一つです。自衛隊は普段から一般の人と関わることも少ない仕事ですが、絶対になくてはいけない仕事です。災害の際には消防と一緒に救護活動も行うため、人助けの職業としても周囲が聞いて感心することは間違いありません。

 

それに、自衛隊ということもあり、過酷な訓練をいつもしている真面目さが大きな印象になることもあります。自分の知り合いの男性が自衛隊で仕事をしていると聞けば、なんとなく真面目そうな印象を受けますよね。大変な訓練をしているという苦労をねぎらいたいという気持ちもあるはずです。

 

自衛隊の男性と結婚すれば、両親に夫の仕事のことでとやかく言われるようなことはまずないでしょう。それも女性にとってはありがたいはずです。

 

引っ越しが多いので、いろいろな土地に住める

自衛隊は転属が非常に多いため、引っ越しは避けて通れないものです。転属はいわゆる転勤のことで、全国各地へその辞令が言い渡されます。早い人では自衛隊に入隊して1年で転属になる場合もあるようです。

 

もちろんその引っ越しは基本的に家族同伴です。そのため、家族はいろいろな土地に住めるというメリットがあります。転勤は嫌だと感じる人もいますが、たくさんの場所に住めることに楽しみを見いだせる人や、新天地でも順応することに抵抗がない人は引っ越しが多いことをメリットだと思えるのではないでしょうか?

 

引っ越しが多く、いろいろな土地を知っているということは、子供にとっても人間として幅が出るため、教育にも良いとされているところもあります。

自衛隊男性の特徴|婚活すると、どんな男性と出会える?

自衛隊の男性に興味がある女性なら、相手の男性がどんな人なのか知っておきたいものです。自衛隊と言えば、訓練で鍛え上げている体が魅力的で男らしく、いざという時に頼りになりそうなイメージが強いですよね。そのような頼りがいのあるイメージに憧れを持つ女性は多いのです。

 

では、実際はどのような特徴を持った男性が多いのでしょうか?先にそんな特徴を知っておくことで、もし出会いの場で自衛隊の男性と出会うようなことがあれば、その人を魅了できるような対応ができるかもしれません。自衛隊の男性と結婚したい、出会いたいと考えている女性の方は、ぜひ参考にしてそのイメージを固めてみてください。

 

真面目で正義感がある

自衛隊は訓練が非常に過酷な職業です。訓練で何日も山籠もりをしたり、その中で水のみで生活したりとサバイバル的な過酷なものも多いです。戦闘訓練では当然重い武器や装備を背負って山の中を駆けることもあり、暑さや寒さとも戦いながら行われるためばててしまう人も多いと言います。

 

そのような訓練に耐えるためには、言われたことをしっかりとこなす真面目さと、「国を守る」という正義感のような強い気持ちがなければいけないものです。そのため、自衛隊の男性は、正義感のある真面目な男性が多いのが特徴です。

 

真面目で正義感が強いのは、優等生タイプの男性として非常に魅力的です。もし家族に紹介するようなことがあれば、彼の人柄が評価されるのは間違いありませんね。

 

体力がある

上でもお伝えしたように、自衛隊は非常に過酷な職業です。そのため、もともと体力があって体を動かすことが好きな男性が自衛隊になることが多いのです。もしくは、最初のうちは体力にそこまで自信がなくても、大変な訓練を経て嫌でも体力がつきます。自衛隊の男性は皆非常に体力のある男性が多いのです。

 

体力がある男性は、いざというとき頼りになる印象が強く、女性からしてみたら頼もしいはずです。隣にいる男性が自衛隊の男性だったら、怖いことがあっても彼がいれば大丈夫な感じがしてしまいますよね。

 

しかも、自衛隊の男性は体力があるゆえに、全身鍛え上げているので、男性らしい体つきが魅力的です。そのようなところに惹かれる女性も多いのではないでしょうか。

 

協調性がある

自衛隊は基本的にチームや隊を組んで訓練を行ったり、救援活動をすることが多く、チームワークが重要になってくる仕事です。そのため、自衛隊の男性は皆、チームワークに長けている人が多いのが特徴です。

 

階級制なので、上下関係も厳しい職業です。上の指示に従い、仲間と協力し合う体制が整っているため、その協調性は肌にしみついていると言っても良いでしょう。

 

協調性の強い男性は、恋人同士でいるとき、もしくは結婚生活の中でも女性の助けになってくれることが多いです。子育てに苦労するのは女性の方が多いですが、体力仕事やそのほか夫でもできることなど、進んで力になってくれるでしょう。

 

結婚願望の強い人が多い

自衛隊の男性は、女性との出会いに非常に飢えていると言います。ただでさえ過酷な仕事の中、男性が多い職場ですから、女性との交流がなく、結婚願望を募らせる人は非常に多いのです。

 

それに、体力仕事で疲れて帰ってきても、独り身では基本的に家事などは全部自分でやらなくてはいけません。そのため、おいしい手料理を作って待っていてくれる奥さんの存在を早く望むようにもなります。過酷な仕事に就いている人が早く所帯を持ちたがるのは、このような理由からです。

 

そのため、自衛隊の人とお付き合いすることになると、そのまますぐにゴールインできてしまう可能性は非常に高いです。自衛隊の男性と結婚したい女性は、理想的な人さえ見つかれば結婚というゴールはすぐそこかもしれません。

 

自衛隊の結婚相手にピッタリな女性の特徴

自衛隊の男性は、理想の結婚相手として女性に非常に人気が高いです。しかし、ただ憧れているだけでは済まず、自衛隊の男性と夫に持つと苦労するところは多々あるものです。そのため、自衛隊の男性と結婚したいと望むなら、女性も夫の仕事への理解は不可欠ですし、困った時も一人でなんとかする力はある程度必要になってきます。自衛隊員は多忙の身なので、いつも夫が家庭を助けてくれるわけではないのです。

 

それでもたくましくて男らしい、魅力的な自衛隊の男性に惹かれる女性は非常に多くいます。では、女性としてどんな気概を持つことができれば、自衛隊の男性にピッタリの女性になれるのでしょうか?そこで今回は、結婚しても苦労しない、自衛隊男性にピッタリの女性の特徴についてご紹介します。自衛隊男性と結婚したいという気持ちが強い女性は、これを参考に自分を磨いていきましょう。

 

有事の際でも不安にならないメンタルの強さ

職業が自衛隊だと、災害などの有事の際には家庭よりも救助活動に駆り出されることが多くあり、基本的には家庭よりも仕事が優先されるのが自衛隊です。ただでさえ災害時は不安が大きいのにも関わらず、夫がいないなかで妻は一人家庭を守らなければいけません。そのため、自衛隊の男性を夫に持つなら、有事の際でも不安にならないメンタルの強さは絶対に必要になってきます。

 

家庭をしっかり自分で守り、夫の無事を信じて帰りを待つ強さは欠かせません。被災地が自分の地域ではなくても、そこへ行っている夫の身を案じることもあるはずです。災害の時は絶対に夫にはそばにいてもらわないと不安で…という人は、自衛隊の夫を持つと夫にとっても負担になってしまいます。仕事もしなければいけないなか、妻も心配で…となるとお互いにストレスが溜まってしまいますよね。このような局面に負けない強さは非常に大切です。

 

安らぎや癒やしを与えられる

自衛隊の男性にとって、妻となる女性の安らぎや癒やしはとても重要です。普段の訓練はもちろんのこと、救助活動など、自衛隊は基本的に体力仕事です。そしてそれに加えて当直勤務や長い連勤もあります。疲労困憊になって家に帰ってくることがほとんどなのです。そのため、家では優しく、その疲れを癒やすように迎えることのできる妻の存在が、自衛隊男性にとってとても大切なものになってきます。

 

疲れて帰ってきた夫に対して、イライラをぶつけてしまったり、自分の時間ばかりを楽しんでしまう女性は自衛隊の男性の妻は務まらない可能性があります。自衛隊の男性は早くに結婚したがる人が多いといいます。それはやはり、毎日の激務の中、ご飯を作って家で待っていてくれる妻の存在を非常に必要とするからです。自衛隊の男性の妻として、夫に安らぎや癒やしを与えられることは必要不可欠でしょう。

 

仕事への理解がある

自衛隊の仕事は、普通のサラリーマンや、土日休み定時あがりの公務員とははっきりと違うところが多々あります。勤務時間もパターンがさまざまありますし、仕事が何日も続くこともあれば、その振り替えで連休だらけになることもあります。休みの中突然呼び出しがあり仕事が入ることも珍しいことではありません。

 

自衛隊の仕事を普通の仕事と同じととらえていると、戸惑うことがたくさんあり苦労してしまいます。そのため、自衛隊の男性を夫に持つなら、仕事への理解は絶対です。急に仕事が入ったことに対して文句を言っているようでは、先が思いやられてしまいます。

 

住む地域にこだわりがない

自衛隊の男性を夫に持つ身として、覚悟しなければならないこととして重要なことがあります。それは住む地域にこだわりを持たず、転勤にもついていける柔軟な姿勢を持つことです。自衛隊は非常に転勤が多い職業で、全国各地に転勤する可能性があります。そのため、夫の転勤に抵抗がある女性や、新しい土地になじむことに苦手意識がある人は苦労することは間違いないでしょう。

 

いろいろな地域に住めることを楽しみに思う人、ご近所さんとすぐに仲良くなれる人は、自衛隊の夫の転勤についていくことに抵抗はないはずです。自衛隊の男性と結婚するなら、住む地域にこだわりを持たない姿勢は非常に重要です。

自衛隊プレミアムブライダル

自衛隊プレミアムブライダルの特徴

自衛隊プレミアムブライダルは、業界唯一の自衛隊限定の結婚相談所です。女性が入会する場合は自衛隊員でなくても大丈夫ですが、男性は自衛隊員のみが登録・利用することができます。そのため、自衛隊員と結婚したい女性にとってはおすすめの結婚相談所になっています。また、会員の年齢も30代中心で結婚適齢期と言われる人が多いのも特徴です。
男性の場合、自衛隊員以外は登録できず、それ以外の職業に就く男性は登録することは出来ません。そして、会員登録するには本人証明書と独身証明書の二つの書類が必須になります。女性の場合は、自衛隊員である必要はないですが、日本国籍を持つこと・独身であること・年齢が20~30代であることが会員になれる条件になっています。

また、女性は実際に登録するまでに写真審査を通過する必要があります。写真審査で落ちて入会できない可能性もあることをあらかじめ認識してください。ただ、もしこの写真審査で落ちても何度でも再審査は可能です。写真審査を突破したら、本人証明書と独身証明書の提出をえて、自衛隊プレミアムブライダルの会員になれます。

自衛隊プレミアムブライダルの利用イメージ・流れ

会員登録を済ませると、第3土曜日に毎月5名の相手が紹介されます。その相手のプロフィールや写真をチェックして、好感を持ったらアプローチボタンを押して相手にアプローチしましょう。もし、相手もあなたを気に入ったら、お見合いが成立します。次に実際にお見合いの場を設けられ、二人だけで会う事になります。

もしこのお見合いの結果、お互いに「相手を良いな」と思ったら自衛隊プレミアムブライダルを通じてお互いの連絡先を教えられ、交際がスタートします。逆にお見合いの時点でどちらかが「この人はないな」と思ったら、その時点で破談となります。そして、その交際が3ヶ月経つと、6ヶ月後までに結婚するかを判断する事になり、お互いに結婚の意思がある場合は見事成婚になります。

 

利用料金とプラン

男性会員は登録費も月会費も成婚料も無料になっています。一方女性は、成婚料無料のAプランと初期費用が無料のBプランがあり、Bプランは最低6カ月契約するのが条件になっています。Aプランは27歳以下だと初期費用8,000円、28歳~32歳だと初期費用15,000円、33歳~35歳だと初期費用20,000円、36歳~だと初期費用40,000円で、月会費は27歳以下が1,000円で年齢が上がるごとに1,000円ずつプラスされます。Bプランは27歳以下は月会費2,000円、28歳~32歳だと月会費4,000円、33歳~35歳だと月会費6,000円、36歳~だと月会費8,000円で、成婚料は27歳以下10,000円で年齢を上げるごとに10,000円ずつプラスされます。
相手とマッチングした場合は、男女共にお見合いセッティング料として5,000円が必要になります。また、スタッフに婚活についてカウンセリング・相談したい場合は、男女共にオプション料金として会員は5,000円、非会員は10,000円支払う必要があります。支払い方法はクレジットカード、銀行振込、口座引き落としの3つになります。
もし、婚活について相談したいことがあるなら、自衛隊プレミアムブライダル公式サイトで問い合わせや相談の申し込みを行えます。メール相談と対面相談の2つの相談方法があり、対面で相談できるのは男性と写真審査を突破した女性会員のみに限られるのでご注意ください。また対面の際の交通費や出張費は自己負担となるので、こちらもご注意ください。

自衛隊男性との結婚で訪れる、苦労・大変なところ

自衛隊の男性は男らしくてかっこいいと憧れる女性も多く、自衛隊の男性は女性の中でも人気は高いです。結婚を望む女性も多く、家庭の中でもそのたくましさ存分に発揮し、力になってくれることを女性は皆期待してしまうものです。

 

ですが、自衛隊の男性との結婚を望むなら、自衛隊の男性と結婚して苦労するところや大変なところも最初にわかっておきたいところです。いざ結婚となっても、自分が思っていたものと大きく違うところがあれば、お互いにそれはストレスになってしまいますよね。

 

自衛隊の男性と結婚すると、苦労するところや大変なところは、どんなものが考えられるでしょうか?結婚相手として自衛隊の男性を意識している女性は、これを機にご自身の中でしっかりとイメージを固めてみてください。

 

有事の際は心配な思いをする

地震や台風などがあった際、自衛隊は消防と協力し救護活動を行います。そのため、自宅の地域でそのような災害があったときは、家庭を顧みるよりも先に仕事として救護活動に駆り出されることが多くあります。

 

自衛隊の男性を持つと、危険な被災地に赴くことも多くなり、妻としては非常に心配な思いをすることになるでしょう。被災地での救護活動の中、怪我をしたり、時には命を落とす救護隊員も珍しくはありません。自衛隊は人のための大切な仕事ですが、家族は心配でたまらないはずです。

 

自宅近くで地震や台風があっても、家族のそばにいることは少ないため不安な思いをすることも多いはずです。それよりも自衛隊としての仕事を妻として応援しなければいけないのは、つらいところがあるかもしれません。

 

転勤が多い

自衛隊は非常に転勤が多い職業です。早ければ自衛隊に入隊して1年もかからずに転勤することになる場合もあるといいます。それだけではなく、定期的に転勤を繰り返し、全国を転々とすることになるため、家族はもちろんそれについていかなくてはなりません。

 

転勤は多いということは、友達が作りづらく、特に家にいることが多い妻は孤独感を感じやすいでしょう。子供も転校を繰り返すことになりますから、友達がいなくて寂しい思いをすることになります。

 

人見知りが激しかったり、周囲との交流が苦手な女性は、転勤が多いことには相当ストレスを感じるでしょう。それが原因で夫婦間の喧嘩にも繋がってしまう可能性があるため、自衛隊の男性との結婚を望むなら、転勤がたくさんあることはあらかじめ覚悟しておく必要があります。

 

拘束時間が長く、寂しい思いも・・

自衛隊は他の職業と比べて、拘束時間が長いことがあります。勤務形態も不規則なため、朝出て夜に帰ってくる日もあれば、当直勤務で丸一日いないこともあります。そんな当直勤務が連続で続くことがあれば、当然家族との交流の時間は減ってしまいます。

 

通常のサラリーマンのような勤務時間ではないため、妻や子供の生活リズムとも合わせづらいのもつらいところです。せっかく夫が帰ってきても自分が寝ている時間だったり、当直勤務後は昼間も寝ていることが多いでしょうから、どうしてもすれ違いは多く生じてしまいます。

 

どこかその寂しさのはけ口になるものを持っていないと、自衛隊の男性を夫に持った際は大変な思いをしてしまうのは間違いないでしょう。そのつらさを夫にぶつけてしまわないように注意が必要です。

 

連絡が繋がりにくい

何かあったときのために、夫とはすぐに連絡が取れるようにしておきたいと思うのが普通です。しかし、夫の職業が自衛隊ともなると、そうもいかないことが多くなりがちです。

 

上でもお伝えしたように自衛隊の勤務時間は長時間になることが多く、その間は連絡が取れないこともしばしばあります。しかも、訓練で山籠もりをしている間は当然連絡なんてすぐに取れるわけがありません。数日連絡が取れないということもざらにあるでしょう。

 

何か困ったことがあったとき、夫に連絡して相談できる環境が整っているのは、妻にとっても安心なことです。しかしそれが叶わないのが、自衛隊員の夫です。困ったことがあっても自分一人で解決するというある程度の強さを持たなければ、その不安に自分がつぶれてしまうでしょう。